乾燥肌や敏感肌がクレンジングですぐに改善できる2つのポイント

two-point

私たち女性にとって、毎日のメイク落としにクレンジングは欠かせないものです。

そんな毎日のお手入れであれるクレンジングが原因で乾燥肌や敏感肌になってしまうこともあります。

お肌のためにはメイクをせずにクレンジングをしないのが一番負担が掛からないというのもありますが、シミやそばかす、シワの原因ともなる紫外線をマトモに受けてしまいますので、なかなかそういうワケにもいきません。

日々のクレンジング、スキンケアを間違えてしまうと、乾燥肌や敏感肌に繋がりやすくなります。

  • お湯で洗顔している
  • キュキュッとなるまでさっぱり洗いたい

このようなクレンジングではお肌がダメージを受け、水分不足を起こすのは当然とも言えます。

クレンジング剤をお湯を使って洗い流す

お肌のうるおい(水分量)を保つのにはいくつかの要素があります。

皮脂膜・天然保湿因子(NMF)・細胞間脂質(セラミドなど)がそれにあたりますが、その中でもセラミドなどの細胞間脂質や天然保湿因子は、42℃以上のお湯で簡単に流れ出してしまいます

なのでクレンジングのときには熱いお湯で洗い流さずに、ぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

できれば体温よりも低い温度で洗い流すことが、お肌へのダメージを最小限にする流し方と言えます。

クレンジングの回数が多かったりチカラを入れすぎている

クレンジングの時にこすり過ぎたり、チカラを入れすぎるというのは、最もお肌にダメージを与え乾燥肌・敏感肌に直結しやすいと言えます。

また、1日に何度も洗顔するのもお肌に必要な皮脂膜や天然保湿因子(NMF)・細胞間脂質(セラミドなど)を流してしまう原因になります。

乾燥肌や敏感肌でお悩みの方は、以下のようなお手入れをしていないか確認してみてください。

  • メイク落としのクレンジングや洗顔時に指にチカラを入れている
  • シートタイプのメイク落としをよく使う
  • 洗顔後のスキンケアで化粧水や乳液をパッティングしている
  • 乳液やクリームを指で塗りこんでいる
  • 乳液やクリームでマッサージをしている

該当するものがある場合は、すぐにスキンケアの方法を見なおした方が良いでしょう。

また洗顔後に顔をタオルで拭うようにして拭くのもお肌にダメージを与えてしまいます。

擦らずやさしく押さえるようにしましょう。

スキンケアは毎日のクレンジングから

いかがでしたでしょうか。

クレンジングはその日1にちのメイク汚れや汗、ホコリを洗い流してお肌のリセットをするスキンケアの基本です。

乾燥肌や敏感肌には体質的なものもあるかと思いますが、少しの気遣いで間違えたお手入れ方法を改善し、お肌へのダメージを軽減できることもあります。

また、私がおすすめしているビオルガクレンジングは、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使える和漢植物配合の無添加クレンジングジェルです。

ビオルガクレンジングは乾燥肌にもやさしいメイク落とし

ビオルガクレンジングを使いはじめてからの、お肌の変化も体験レビューとして記事にしていますので、是非ご覧頂ければと思います。

サブコンテンツ

ビオルガクレンジングの体験レビューやっています

最後までご覧いただきありがとうございました。

ビオルガクレンジング」を実際に購入して使用した感想レビューをやっていますので、是非そちらも御覧ください!

ビオルガクレンジングメイク落としの体験レビュー・口コミと効果

ビオルガクレンジングメイク落としの体験レビュー・口コミと効果

コメントを残す