肌にやさしいクレンジング剤は落ちないの?

gentle-clenging

私たち女性にとって、毎日のスキンケアであるメイク落としは1日の汚れを落とし、お肌をリセットして清潔に保つ大切な時間です。

そんな大切な時間ですが、できれば簡単に済ませられるにこしたことはありませんよね。

しかし、短時間でメイクが落ちるからとあまり強い洗浄力のクレンジング剤を使っていると、スキンケアをするつもりが逆にお肌を傷めつけてしまう可能性もあります

今回は、間違えたクレンジング選びをしていると起こりうる、お肌のトラブルや危険性をご紹介していきます。

間違えたクレンジング選びが引き起こすお肌のトラブル

ここではクレンジングの際に、頭では分かっているけどやってしまいがちな3つの注意点とその影響をご紹介します。

強い洗浄力で脂分を根こそぎ落としてしまうと・・・

強い洗浄力で脂分を根こそぎ落としてしまう際の肌への影響

界面活性剤による強い洗浄力は、分かりやすくいうと洗剤のようなものです。

角質に浸透し、メイクだけでなく皮膚に必要な脂分まで取り去ってしまうのです。

角質層に傷がついてしまうと、お肌を守る大切なバリア機能が低下して、水分が逃げてしまい乾燥がすすんでしまいます

クレンジング剤をしっかり落としきれないと・・・

クレンジング剤をしっかり落としきれていない際の肌への影響

強い洗浄力のクレンジングといえばクレンジングオイルです。

オイルタイプのものは完全に洗い落とすまでには長いすすぎ時間が必要となるため、洗い残したクレンジング剤が残ってしまいがちです。

その洗い残したクレンジング剤がお肌のバリア機能を低下させてしまい、本来必要な水分や脂分を放出させてお肌の乾燥をすすめてしまいます

特に前髪の生え際や耳付近の髪の生え際、あごのラインなどは洗い残しやすい箇所なので気をつけましょう。

毛穴の汚れをしっかり落とせていないと・・・

attention-3

ではお肌にやさしいタイプの洗浄力の弱いタイプのクレンジング剤を選べばいいのでしょうか?

答えはNOです。

ファンデーション汚れなどが毛穴に残った状態のままにすると、お肌にとってよくない成分に変わることがあります。

そのよくない成分を排除し、毛穴の清潔を維持すべく免疫反応を起こしてしまうのです。

お肌が免疫反応を起こしてしまうと肌荒れの原因になっていしまう可能性があります。

きれいなお肌は正しいクレンジングから

以上のように間違えたクレンジングを繰り返していると、乾燥や肌荒れの原因を作りやすく老化にもつながってしまいます。

また、しっかりとメイク落としができていないと毛穴の黒ずみの原因となる不要な角質が溜まりやすくもなります。

さらに、蓄積された角質が、エラスチンやコラーゲンをつくる真皮の細胞の活動も低下させ、皮膚の弾力性が失われてしまい、お肌を支えられなくなります。

エラスチンやコラーゲンについてはこちらの記事にも書いています。

そうなると、シミくすみたるみの原因ともなってしまいます。

間違えたスキンケア選びを続けていると・・・

間違えたスキンケアを続けていると、気づいた時には取り返しの付かないことになっているかもしれません。

  • 歳相応に見られず10歳以上うえに見られる
  • 乾燥していて肌がカサカサ
  • 肌荒れがおさまらない
  • 毛穴が黒ずんできてみっともない
  • 顔のテカリがきになる
  • シミが目立つようになっていきた

そうならないためにも、スキンケアの基本であるクレンジングから、あなたに合ったものにかえていきませんか?

わたしはこのサイトでご紹介しているビオルガクレンジングでクレンジングに対する悩みは無くなりましたよ。

@COSME(アットコスメ)での口コミ調査でも確認できましたが、ビオルガクレンジングはしっかりとメイクや毛穴の汚れを落とすのに、洗いあがりが本当にしっとりとしています

ビオルガクレンジングのアットコスメでの口コミ評判

また体験レビューも記事にしているので是非ご覧になってみてください。

サブコンテンツ

ビオルガクレンジングの体験レビューやっています

最後までご覧いただきありがとうございました。

ビオルガクレンジング」を実際に購入して使用した感想レビューをやっていますので、是非そちらも御覧ください!

ビオルガクレンジングメイク落としの体験レビュー・口コミと効果

ビオルガクレンジングメイク落としの体験レビュー・口コミと効果

コメントを残す